福島県勢は山下、田母神ら出場 23日から陸上日本選手権

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 陸上の世界選手権(8月・ロンドン)代表選考会を兼ねた日本選手権は23~25日に大阪市のヤンマースタジアム長居で行われる。

 本県関係の男子では、200メートルに山下潤(筑波大、福島高卒)、800メートルに田母神一喜(中央大、学法石川高卒)、1500メートルに田母神一喜、遠藤清也(NDソフト、学法石川高卒)、遠藤日向(住友電工、学法石川高卒)、物江雄利(駒大、喜多方高卒)、1万メートルに星創太(富士通、会津工高卒)、400メートル障害に渡部佳朗(城西大、喜多方桐桜高卒)、記野友晴(東邦銀行)、走り高跳びに武田隆史(仙台大、平工高卒)、三段跳びに山下航平(福島陸協)、円盤投げに吉田惇(東海大、平工高卒)、やり投げに荒井謙(七十七銀行、福島大卒)が出場。

 女子では200メートルに青木りん(東邦銀行)、400メートルに青木りんと武石この実(同)、800メートルに新宮美歩(同)と小野莉奈(同)、5000メートルに石井寿美(ヤマダ電機、学法石川高卒)、田辺美咲(三井住友海上、田村高卒)、1万メートルに石井寿美、古瀬麻美(京セラ、福島大卒)、100メートル障害に紫村仁美(東邦銀行)、400メートル障害に青木沙弥佳(同)、ハンマー投げに佐藤若菜(同)が出場する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る