磐城、福島工がドロー  F1、F2第8節

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島工―磐城】ドリブルで敵陣に切り込む大和田=24日午後、福島市・十六沼公園サッカー場

 18歳以下のユース世代(U―18)を対象にした「高円宮杯U―18サッカーリーグ2017県リーグ」(通称Fリーグ)は24日、福島市の十六沼公園サッカー場などで第8節の1部(F1)5試合、2部(F2)5試合が行われた。F1では、ここまで無敗の学法石川が首位の尚志セカンドを2―1で破り、勝ち点18で並んだ。磐城と福島工は2―2で引き分けた。

 県サッカー協会の主催、福島民友新聞社、福島中央テレビ、読売新聞東京本社福島支局の共催、実行委の主管、モルテン、ミカサ、大塚製薬の協賛。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る