福島ホープス、11点で快勝 後期白星発進

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 (24日・越谷市民球場ほか=5試合) 福島ホープスは後期日程の初戦をビジターで武蔵ヒートベアーズ(埼玉)と対戦、大量11得点で快勝した。

 福島は2回1死一、二塁から七番野原の左越え本塁打で3点を先制した。4―1で迎えた6回には高橋祥の右越え本塁打で1点追加、終盤の8回はラベンダーの2点二塁打など3得点で突き放し、9回も長打攻勢で3点を奪い、勝負を決めた。

 先発間曽は7回を2安打に抑える好投。青木、高橋元の継投で逃げ切った。

 福島は25日、城南球場で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦する。午後1時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る