日大東北・岩崎が男子200個メドレーで大会新V 福島県高体水泳

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
男子200メートル個人メドレーで大会新で優勝した岩崎幹大(日大東北1年)

 第63回県高校体育大会水泳競技は24日、いわき市の市民プールで開幕した。初日は男女9種目の決勝が行われ、男子200メートル個人メドレーの岩崎幹大(日大東北1年)が2分7秒51の大会新記録で優勝した。

 昨年8月の全国中学校体育大会男子400メートル個人メドレーで3位。周囲の強い期待に「県大会で負ける訳にはいかない」と決勝に臨んだ。前半は、不得意なバタフライで蛭田智也(勿来工2年)にリードを許したものの、得意な背泳ぎで差を詰めると最後の自由形で抜き去った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる