常磐スポ少が制す、全国大会へ 学童軟式野球福島県大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
優勝を飾った常磐軟式野球スポーツ少年団

 高円宮賜杯第37回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント県大会は25日、郡山市の日和田球場で準決勝と決勝が行われ、決勝で常磐軟式野球スポーツ少年団(磐南)が相馬東部スポーツ少年団野球部(相双)を1―0で破り、優勝を飾った。常磐は8月10日から、東京都で開かれる全国大会に出場する。

 決勝では、初回に1点を先制した常磐が、投手の瀬谷蒼羽(あおば)(平五小6年)を中心に1点を守り抜いた。全国大会に向けて主将の瀬谷は「優勝できてうれしい。この勢いで全国でも頑張りたい」と抱負を語った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る