会津若松球友会が初優勝 白虎杯還越暦軟式野球

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
初優勝した会津若松球友会

 会津若松白虎隊顕彰記念第14回白虎杯還越暦軟式野球大会最終日は26日、会津若松市のあいづ球場で決勝が行われ、会津若松球友会が8―2で郡山オールドボーイズを下して初優勝した。

 決勝では会津若松球友会が初回に4点を先制して主導権を握り、その後も小刻みに得点を重ね、郡山オールドボーイズを突き放した。個人賞は最高殊勲選手に目黒民夫(会津若松球友会)、敢闘賞に吉田孝義(郡山オールドボーイズ)が選ばれた。

 会津若松球友会の主催、県還暦軟式野球連盟、喜多方還暦野球クラブの共催、福島民友新聞社などの後援。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る