女子400リレーは福島成蹊に栄冠 福島県高体水泳

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【女子400メートルリレー】4分13秒53で制した福島成蹊の(左から)狩野、芳賀、北原、庄司

 第63回県高校体育大会水泳競技最終日は26日、いわき市民プールで男女10種目の決勝が行われ、女子400メートルリレーは福島成蹊が4分13秒53で制し、メドレーリレーと合わせ2冠。総合優勝は男子が日大東北、女子は福島成蹊だった。

 2冠達成にメンバー涙

 女子400メートルリレーは、福島成蹊のリレーメンバー4人が25日の400メートルメドレーリレーに続いて制し、涙ながらに2冠を喜んだ。

 2年の狩野志歩と芳賀由佳里、1年の北原楓夏、そして3年の庄司真子のメンバー全員が個人種目で優勝を逃した。「個人成績の悔しさをリレーにぶつけた」と4人。第2泳者の芳賀が先頭に立つと、そのままトップを譲らなかった。

 福島成蹊は男子もリレーで3冠。男女ともに層の厚さをリレーで証明した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る