陸上アジア選手権、好成績狙う 東邦銀行陸上部の青木ら

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
来社した(右から)青木りん、武石、青木沙弥佳、紫村、佐藤

 陸上の日本選手権女子400メートル障害で優勝した東邦銀行陸上部の青木沙弥佳らは27日、出場報告のため福島民友新聞社を訪れた。青木は「(優勝の)うれしさと同時に悔しさがある」とし、出場を予定するアジア選手権では「(世界陸上の)参加標準記録突破を狙う」と誓った。

 報告には、日本選手権女子100メートル障害2位の紫村仁美、同400メートル2位の武石この実、同5位の青木りん、女子ハンマー投げ4位の佐藤若菜が訪れた。

 紫村は「次のアジア選手権では優勝を目指したい」と語り、武石は「調子は良かったが決勝で力を出し切れなかった」と悔やんだ。佐藤は「自己ベストを更新できたが、まだまだ通過点」と一層の成長を誓い、青木りんは「(2位だった)昨年より順位を落とし悔しい」とそれぞれ大会を振り返った。

 青木沙弥佳、紫村は7月6日からインドで開催されるアジア選手権で世界陸上の代表を目指す。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る