福島ホープス、連敗脱出 群馬に4-2競り勝つ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【群馬―福島】7回表福島1死二塁、勝ち越しの左前適時打を放つ野原=高崎市城南球場

 (2日・高崎市城南球場ほか=4試合) 福島ホープスはビジターで群馬ダイヤモンドペガサスに4―2で競り勝ち、連敗を3で止めた。

 福島は3回、ボウカーの本塁打で先制、直後に逆転を許したが、4回に岡下の本塁打で同点。7回1死二塁の場面で野原が左前適時打を放ち、勝ち越した。先発高橋元は3回に連打を浴び2点を献上したが、その後は立ち直り、群馬打線を封じた。

 福島の通算成績は2勝3敗で東地区5チーム中4位のまま。

 福島は7日、ホームのほばら大泉球場で新潟アルビレックスBCと対戦する。午後1時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る