福島ホープス、乱打戦を制す 新潟に10-6で快勝

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 (7日・ほばら大泉球場ほか=5試合) 福島ホープスはホームで新潟アルビレックスBCに10―6で快勝した。両チーム合わせて27安打の乱打戦を制した。

 福島は初回に岡下の三塁打などで3点を先制。3回には打者一巡の猛攻で一挙6点を奪い、試合の主導権を握った。先発間曽は六回まで140球を投げて5点を失ったが、10奪三振と粘投した。

 福島の通算成績は3勝3敗で東地区5チーム中3位に浮上した。

 福島は8日、ビジターの小山運動公園野球場で栃木ゴールデンブレーブスと対戦する。午後1時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

終盤まさか...聖光学院初戦敗退 花巻東に10-12、連覇ならず