桃田、団体復帰戦V逃す バドミントン・全日本実業団選手権

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 バドミントンの全日本実業団選手権第4日は8日、秋田市のCNAアリーナ★あきたで行われ、男子準々決勝で桃田賢斗(富岡高卒)が所属するNTT東日本は2―3で日立情報通信エンジニアリングに敗れた。桃田はシングルスでストレート勝ちしたものの、チームの勝利には結びつかなかった。今大会は違法賭博問題による試合出場停止処分解除後、初の団体戦だった。

 桃田は11日からのカナダ・オープンに自費で参加し、約1年3カ月ぶりに国際大会に復帰する予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

ハーフ男子39歳以下は中島が初出場V 野馬追の里健康マラソン