福島ホープス、栃木との接戦落とす 先制リードもサヨナラ打

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島ホープスは8日、ビジターの小山運動公園野球場で栃木ゴールデンブレーブス(栃木)と対戦、6―7で敗れた。

 福島は初回にボウカーのソロ本塁打で1点を先制。1―2と逆転された4回には西井、笹平、福士の3連打などで2点を奪うと5回にも1点を追加した。

 6回に同点に追い付かれたが、7回に高橋の中央への適時二塁打などで再び2点をリード。しかし、9回裏にウルタドが2点本塁打を浴びて追い付かれ、2死二、三塁からサヨナラ打を許した。

 福島の通算成績は3勝4敗で順位は東地区5チーム中3位。福島は12日、ほばら大泉球場で武蔵ヒートベアーズ(埼玉)と対戦する。午後1時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る