女子400障害・青木沙弥佳が3位 陸上・アジア選手権

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 陸上のアジア選手権は8日、インドのブバネシュワルで行われ、女子100メートル障害で木村文子(エディオン)が13秒30で2位となった。女子400メートル障害の青木沙弥佳(東邦銀行)は58秒18で3位、女子3000メートル障害の佐藤奈々(スターツ)は10分18秒11で3位。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場