福島南高・佐々木、女子走り幅制し2冠 県総体陸上第2日

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【女子走り幅跳び決勝】三段跳びとの2冠を達成した佐々木夢奈(福島南高2年)=とうほう・みんなのスタジアム

 第70回県総合体育大会陸上競技大会・第72回県陸上競技選手権大会第2日は14日、福島市のとうほう・みんなのスタジアムで男女15種目の決勝などが行われ、女子走り幅跳びで佐々木夢奈(福島南高2年)が5メートル56で初日の三段跳びに続き優勝し、2冠を果たした。

 男子400メートル障害は渡部佳朗(城西大3年、喜多方桐桜高卒)が50秒17の大会新記録で2年ぶりの頂点。女子3000メートル障害は渡辺怜奈(学法石川高3年)が10分54秒34、男子円盤投げは吉田惇(東海大4年、平工高卒)が50メートル60で大会記録をそれぞれ更新して制した。

 第3日の15日は、男女400メートルなど17種目の決勝が行われる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手