22、23日に第4戦、東北開催に決意 チーム・タイサン・サードが意気込み

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
(左から)佐藤社長、パーソンズ選手、山田選手、斎藤理事長

 自動車レース「スーパーGT」のGT300クラスに参戦中で、福島市に拠点を移す計画のチーム・タイサン・サード(東京)の山田真之亮、ジェイク・パーソンズ両ドライバーと、スーパーGTのGT500クラス昨季王者チームを率いるサード(愛知)の佐藤勝之社長は20日、福島民友新聞社を訪れ、東北開催となる第4戦に向けた決意を語った。

 第4戦は22、23日、宮城県村田町のスポーツランドSUGOで開かれる。タイサン・サードは今季、レース車両の車体に「FUKUSHIMA」の名を入れてレースに挑んでいる。山田選手は「子どもたちに自分のようなドライバーへの道を開きたいと思ってここまでやってきた。第4戦は唯一の東北開催となるので、良い結果を残したい」、パーソンズ選手は「とてもわくわくしている」とそれぞれ意気込みを述べた。

 佐藤社長は「第4戦は難しいレースとなるが、興味を持つ子どもたちが増えるきっかけになればいい」と語った。ふくしま飛行協会の斎藤喜章理事長が一緒に訪れた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ監督が『トークバトル』 最重要ポイントは「5区」