福島ファイヤーボンズ、天栄で夏合宿 チーム力向上へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
練習に汗を流す選手=天栄村・湯本体育館

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の福島ファイヤーボンズは24日、天栄村の湯本体育館でチーム夏合宿を始めた。選手たちが体づくりなどのトレーニングに励んでいる。28日まで。

 村観光協会の協力で、集中して練習できる環境でチームの結束を強めていこうと初めて実施した。村上慎也ら日本人7選手が参加。初日は報道陣に練習が公開された。選手たちは基礎練習などに汗を流した。

 森山知広ヘッドコーチは「集中して練習できる環境。チームワークの醸成に役立てていきたい」とチーム力向上への期待を口にした。

 チームは25~27日、同体育館で行っている練習を一般公開する。時間は午後2時から。

 問い合わせは福島スポーツエンタテインメント(電話024・927・0777)へ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

終盤まさか...聖光学院初戦敗退 花巻東に10-12、連覇ならず