NTT東日本、36年ぶり優勝 いわき光洋高卒・渡辺が好リリーフ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第88回都市対抗野球大会最終日は25日、東京ドームで決勝が行われ、NTT東日本(東京都)が日本通運(さいたま市)を10―4で破り、電電東京時代の1981年以来36年ぶり2度目の優勝を果たした。

 三番手の渡辺啓太(いわき光洋高卒)が好投した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ監督が『トークバトル』 最重要ポイントは「5区」