福島ホープス、劇的サヨナラ 主将・岸本4連勝導く

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―栃木】9回裏福島無死二、三塁、岸本が右翼線にサヨナラ打を放つ=須賀川市・牡丹台球場

(28日・牡丹台球場ほか=5試合)

 福島ホープスはホームで栃木ゴールデンブレーブスと対戦、3―2でサヨナラ勝ちし、4連勝とした。通算成績は8勝7敗で東地区5チーム中4位。

 福島は次戦の29日、ビジターの宇都宮清原球場(宇都宮市)で栃木ゴールデンブレーブスと対戦する。午後1時開始予定。

 福島はサヨナラの好機を逃さず、栃木から後期初勝利を挙げた。

 福島は初回1死一塁、ボウカーの2点本塁打で先制。同点の九回無死二、三塁で岸本が右翼線に適時二塁打を放ち、終止符を打った。

 先発高橋元は8回1/3を7安打2失点と粘投、続く加藤も打者2人を内野ゴロに仕留めた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場