寺島ランニング本塁打 帝京安積16強、南東北高校総体・ソフト女子

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【ソフトボール女子・光明学園相模原―帝京安積】4回、左翼に勝ち越しのランニング本塁打を放つ帝京安積の寺島奈菜子=山形県・白鷹町野球場

 全国高校総合体育大会(インターハイ)「南東北総体2017」メイン会期第4日の31日は各地で計11競技が行われた。

 ソフトボール女子は、帝京安積が2回戦から登場し、5―1で光明学園相模原(神奈川)に勝利した。

 小柄なムードメーカーの一発でソフトボール女子の帝京安積が昨年に続く16強入りを果たした。

 同点に追い付いた四回2死二、三塁の好機。打席に入った寺島奈菜子(3年)は、外角の球にバットを合わせた。打球は左翼線を破り、フェンス際へ。「迷わず走った」。公式戦で自身初という3点ランニング本塁打となり、悠々帰還するとチームメートらと笑顔で抱き合った。

 11年連続出場の帝京安積だがインターハイ最高成績は8強。「自信になった」と寺島。目標は初の4強、そして日本一だ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手