日大東北・佐藤、円盤投げ10位 2種目入賞ならず、南東北総体

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【陸上男子円盤投げ決勝】最後の試技で43メートル51をマークした日大東北の佐藤皓人

 全国高校総合体育大会(インターハイ)「南東北総体2017」メイン会期第6日は2日、各地で陸上など計13競技が行われた。

 陸上男子円盤投げの佐藤皓人(日大東北3年)は決勝で43メートル51の10位。砲丸投げに続く入賞とはならず、「体は動いていたのに」と悔しさをにじませた。

 「全く練習をしていなかったので、技術的な修正は難しかった」。ここ1カ月間、砲丸投げに専念していた影響が結果に響いた。

 それでも二人三脚で高いレベルを目指してきた同校陸上部の高橋直之顧問(38)から試技の合間に助言を受け、最後の投てきにありったけの力を込めた。「弱かった自分をここまで育ててくれて感謝したい」。熱戦を終え、佐藤は言葉を紡いだ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る