福島ホープス引き分け 鍵政粘投、巨人3軍に4―4

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―巨人3軍】7回4失点と粘りの投球を見せた先発鍵政=ヨーク開成山スタジアム

(3日・ヨーク開成山スタジアムほか=3試合)

 福島ホープスはホームで読売ジャイアンツ3軍と対戦、4―4で引き分けた。通算成績は8勝7敗2分けで東地区5チーム中3位。福島は次戦の4日、同スタジアムで読売ジャイアンツ3軍と対戦する。午後6時開始予定。

  終盤に粘りを見せた福島が2点差を追い付き引き分けに持ち込んだ。

 先制を許した福島は初回無死一、二塁、ボウカーの適時打で1点を返すと、続く高橋祥の二ゴロの間に同点に追い付いた。

 2点を追う八回は、先頭ラベンダーが相手のミスに乗じて三進し、岡下の適時打で1点差に迫ると、九回2死二塁、代打高橋恒の適時打で同点に追い付いた。

 投手陣は先発鍵政から松本、笠原、モーラの継投で六回以降無失点に抑えた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手