ふたば未来の高橋・由良組が完全V 南東北高校総体バド・女子ダブルス

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【バドミントン女子ダブルス・決勝】団体に続き優勝を飾ったふたば未来の高橋明日香と由良なぎさ(手前)=山形県・新庄市体育館

 全国高校総合体育大会(インターハイ)「南東北総体2017」メイン会期第7日は3日、各地で計8競技が行われた。

 バドミントン5冠を達成したふたば未来勢。女子ダブルスはふたば未来の高橋明日香・由良なぎさ(3年)組が決勝まで1度もゲームを落とさず、ストレートで頂点に到達した。

 決勝の相手は団体決勝のダブルスで敗れていた青森山田のペア。団体戦で受け身になった反省を生かして、積極的に前線から攻撃を仕掛けたことで主導権を握り、リードを渡さなかった。

 高校では思うような結果が出せていなかった由良は「高校最後のインターハイで(団体とダブルスの)2冠を達成できて良かった」と笑顔で話し、仲間と勝ち取った2つのメダルをうれしそうに見つめた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる