サッカーで復興後押し 郡山で復旧・復興祈念ユース大会開幕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【尚志―神村学園】激しい攻防を繰り広げる選手=郡山市・尚志高グラウンド

 サッカーを通じて本県の復興を後押しする第6回福島復旧・復興祈念ユースサッカー大会は4日、郡山市の尚志高グラウンドなどで開幕し、選手たちが熱戦を展開している。

 県内から尚志、帝京安積、郡山の各高校、県外から大津(熊本)京都橘(京都)などの高校やベガルタ仙台ユース(宮城)など20チームが出場。7日までの4日間にわたり順位を付けないフレンドリーマッチ形式で試合を行う。

 尚志、帝京安積と両校サッカー部保護者会、一般社団法人team Sの主催、福島民友新聞社などの後援。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手