福島ホープス、連勝止まる 巨人3軍に2-6

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―巨人3軍】、巨人打線相手に好投した笠原(右)=あづま球場

 (5日・あづま球場ほか=5試合) 福島ホープスはホームで読売ジャイアンツ3軍に2―6で敗れ、引き分けを挟んだ連勝は5で止まった。通算成績は9勝8敗2分けで東地区5チーム中3位。福島は次戦6日、ホームのあづま球場(福島市)で新潟アルビレックスBCと対戦する。午後1時試合開始予定。

 笠原、強気の投球無失点

 巨人3軍と1勝1分けで迎えた3連戦の最終戦は、福島が再三にわたる好機を生かせず敗戦、勝ち越せなかった。しかし、5回途中から登板した3番手投手の笠原拓海が3回を投げて被安打3、無失点と結果を残した。

 笠原は、5月の巨人3軍戦で先発。5回を投げて自責点6で敗戦投手になり、雪辱の機会を待ち望んでいた。5回2死一、三塁の場面でマウンドに上った笠原は、投ゴロでピンチを切り抜けると、カットボールを決め球に凡打の山を築いた。「四球が先行し、自分から苦しくしていた」と前回投球を反省、この日は初球からストライクを取りに行く強気の投球で押し切った。

 岩村明憲監督は「今日の投球リズムを忘れないでほしい」と今後に期待を寄せた。

 笠原は「敗れたがチームの状態はいい。投手陣の継投で勝利に貢献していく」と次戦を見据えた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る