福島硬友クラブが制す JABA福島県野球協会長杯

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第10回JABA県野球協会長杯・第3回東北クラブカップ県大会最終日は6日、南相馬市のみちのく鹿島球場で準決勝、決勝が行われ、福島硬友クラブが会長杯として4年ぶり4度目の優勝を飾った。準優勝はオールいわきクラブ。

 最高殊勲選手賞は酒井瑶平(福島硬友ク)、敢闘賞は渡辺竹大(オールいわきク)、首位打者賞は打率7割7分8厘の鈴木裕也(同)がそれぞれ選ばれた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る