東北フリーブレイズ・若林監督が続投、7季目の指揮へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 アイスホッケーの東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)を運営する東北アイスホッケークラブは7日、2017―18シーズンのチーム体制を発表した。若林クリス監督が続投し、7季目の指揮を執る。またDFローガン・パイアット(29)=カナダ出身=の入団も発表した。

 今季は新入団選手5人を迎えGK4人、DF8人、FW15人の計27人で臨む。昨季に続きFW田中豪が主将を務め、DF熊谷豪士、FWの山下拓郎、河合卓真が副主将を務める。

 パイアットは身長179センチ、体重90キロ。パイアットは「新たなチャンスをいただき感謝している。勝利に貢献したい」とコメントした。

 フリーブレイズは9月2日、八戸市のテクノルアイスパーク八戸で開幕戦を迎え、日本製紙クレインズと対戦。郡山市では同9、10の両日に試合が行われる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る