磐城農が16強入り 南東北総体・柔道女子団体

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【柔道女子団体2回戦】大将を務め、チームを16強に導いた磐城農の野内(下)

 全国高校総合体育大会(インターハイ)「南東北総体2017」メイン会期第14日は10日、各地で7競技が行われた。郡山市開催の柔道は女子団体で磐城農が16強入りした。

 柔道女子団体で磐城農が初戦の2回戦を突破し、16強入り。大将の野内杏倫(あの)(2年)は「先輩がつないでくれた試合に勝てた」とほっとした様子を見せた。

 先鋒鈴木桂子(3年)が送り襟絞めで一本勝ちし、これ以上ないスタートを切ったが、中堅渡部樹音(同)が敗れ、勝負の行方は野内に委ねられた。「プレッシャーを感じ、無我夢中だった」と振り返る野内。袖釣りでポイントを奪い、勝利をたぐり寄せた。

 「目の前の試合を一つ一つ勝ち上がる」。磐城農がチームワークを武器に躍進する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場