18日から東北総体 福島県選手団は690人

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県は14日、秋田県で行われる第44回東北総合体育大会メイン会期の競技に出場する本県選手団を発表した。メイン会期は18日から3日間。本県選手団は西山尚利県体育協会副会長を団長に役員、監督、選手計690人。陸上の日本選手権女子400メートル障害で優勝した青木沙弥佳(東邦銀行)、同100メートル障害で2位の紫村仁美(同)、ウエイトリフティングで国体4連覇が懸かる吉田真弘(デイサービスセンターいしかわ)、全国高校総合体育大会(インターハイ)女子バドミントン3冠の高橋明日香(ふたば未来高)らに期待がかかる。結団式は16日に福島市の福島テルサで行われ、ウエイトリフティングの清水崚雅(福島工高3年)が決意表明する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 センバツ出場へ29校が熱戦