「親と先生に感謝」 会津・菊地、南東北高校総体・競泳男子

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【競泳男子・100メートル自由形】スピードが上がらず予選で敗退した菊地

 競泳の男子100メートル自由形に出場した会津の菊地奏(3年)は予選敗退となったレースを振り返り「悔しい」とひと言漏らした。

 「緊張で硬くなってしまい、長身を生かした大きな泳ぎができなかった」と菊地。

 18日の50メートル自由形の反省を生かし、スタートのタイミングを修正して臨んだ。好スタートを切ったが前半はペースをつかめず、後半もスピードが上がらなかった。

 菊地は、今回が最初で最後のインターハイ。「出場できて楽しかった。親と先生に感謝したい」と晴れやかな表情を見せた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る