福島ホープス引き分け 先発青木、6回1失点粘投

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【新潟―福島】6回1失点と粘投した福島の先発青木=新潟県村上市・荒川球場

(19日・荒川球場ほか=5試合)

 福島ホープスはビジターで新潟アルビレックスBCに2―2で引き分けた。引き分けは2試合連続で、通算成績は13勝9敗5分け。順位は変わらず東地区5チーム中2位。

 二回に先制を許し、1点を追う福島は三回、先頭の笹平が相手失策で出塁すると続く岡下が死球、岸本とボウカーが四球を選び、無安打で追い付いた。

八回に新潟に1点を加えられたが、九回、先頭の高橋恒が本塁打を放ち、土壇場で同点とした。先発青木は6回1失点と粘りの投球を続けた。

 福島は次戦の20日、ホームの白河グリーンスタジアム(白河市)で1位の群馬ダイヤモンドペガサスに挑む。午後1時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る