湯本・渡辺は悔しい自己新 南東北総体・100平泳ぎ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【競泳・男子100メートル平泳ぎ予選】前半から積極的なレースを展開した渡辺(湯本)=セントラルスポーツ宮城G21プール

 全国高校総体(インターハイ)最終日は20日、宮城県利府町のセントラルスポーツ宮城G21プールなどで水泳が行われ、競泳100メートル平泳ぎの女子は世界選手権代表の今井月(愛知・豊川)が1分8秒68で優勝、男子は宮本一平(埼玉栄)が1分1秒09で勝ち、ともに200メートルと合わせての平泳ぎ2冠に輝いた。100メートルバタフライの男子は大園悠生(大阪・太成学院大高)が53秒20、女子は新野杏奈(愛知・豊川)が59秒07で優勝した。来年は三重、愛知、静岡、岐阜の東海4県を主会場に開催される。

 B決勝0.12秒届かず

 男子100メートル平泳ぎの渡辺周斗(湯本3年)は予選で自己記録を更新したが、B決勝進出ラインに0.12秒届かなかった。

 「絶対に決勝に残る」と強い気持ちでレースに臨んだ。前半から攻めの姿勢でペースを上げたが、残り15メートルで粘れなかった。それでも自己最高を0・4秒更新した。全国舞台で成果を残した渡辺はレース後「周りのサポートのおかげ」と晴れやかな表情を浮かべた。

 「水泳は頑張れば頑張るだけ結果が出る」と競技の魅力を語り、大学進学後も続ける予定だ。「まずは体づくりから」と目標を掲げた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る