ロザージュが公式戦初勝利  ラグビー女子リーグ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
チーム結成後、初勝利を収めたRosageふくしまのメンバー

 ラグビー女子の本県選抜チーム、Rosage(ロザージュ)ふくしまはリーグ戦で宮城を27―10で下し、昨年5月のチーム結成後、公式戦初勝利を飾った。

 ロザージュは序盤からリードを保ち、後半も相手に主導権を譲らなかった。リーグ戦で1勝3敗の5チーム中4位となり、国体出場を逃したが、宮城戦で1トライを決めた日置彩乃(平工高3年)は「初心者が多い中、みんなでつかんだ1勝。目標だった国体出場を逃したのは悔しいが、2勝、3勝できるチームになりたい」と次の目標を口にした。

 ロザージュは2020年東京五輪の日本代表選手の輩出などを目指す本県初の7人制女子チーム。現メンバーは約20人で、本県ゆかりの15歳の高校1年生から40歳の社会人までと幅広い。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る