福島県男女総合バスケ開幕 男子43、女子23チームが出場

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
選手宣誓する仲田選手

 第72回県男女総合バスケットボール選手権大会は25日、会津若松市で開幕した。初日は同市のあいづ総合体育館で開会式が行われ、HEVENの仲田裕貴選手(27)が選手宣誓した。競技は26~28日。

 日本バスケットボール協会(JBA)、県バスケットボール協会の主催、共同通信社、福島民友新聞社などの共催。昨年度まで年始に開催してきた第93回天皇杯・第84回皇后杯全日本バスケットボール選手権大会の大会方式を変更、県大会の男女決勝が天皇杯・皇后杯1次ラウンドを兼ねる。

 開会式では大会長の佐藤洋光県バスケットボール協会長が選手を激励。室井冨仁会津バスケットボール協会副会長もあいさつした。

 大会には県内の高校、大学、実業団、クラブチームから男子43、女子23チームが出場、トーナメントで優勝を争う。男女の優勝チームは9月16~18日に北海道釧路市で開かれる2次ラウンドに出場する。

 2次ラウンドには東日本各道県の優勝チーム計15チームと福島ファイヤーボンズなどBリーグ2部(B2)勢が出場する。盛岡市開催の3次ラウンドを経て4次ラウンドが本戦となる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

学法石川男女陸上部「結果出すだけ」 全国高校駅伝へ意気込み