福島ホープス、あと1本出ず 先発・間曽が崩れ逆転負け

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 (26日・前橋市民球場ほか=5試合) 福島ホープスはビジターで群馬ダイヤモンドペガスに2―4で逆転負けした。

 福島は初回、ボウカーの本塁打で先制。五回には、岡下の右前適時打で二走川上が生還し、リードを2点に広げた。しかし、直後の六回にここまで好投してきた先発間曽が2本の本塁打を浴びて逆転を許した。福島は群馬を上回る8安打を放ったが10残塁と好機であと1本が出なかった。

 福島の通算成績は13勝11敗5分けで、東地区5チーム中、新潟と同率の2位となっている。

 福島は27日、ホームの南部スタジアム(いわき市)で信濃グランセローズ(長野)と対戦する。午後1時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる