男子は後藤、女子は遠藤が初V 民友杯パークゴルフ福島県選手権

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
頂点を目指しクラブさばきを競う選手たち=相馬光陽パークゴルフ場

 第13回福島民友新聞社杯パークゴルフ県選手権大会は27日、相馬市の相馬光陽パークゴルフ場で開かれ、男子は後藤実選手(相馬市)、女子は遠藤彰子選手(かしま)がいずれも大会初制覇を果たした。

 福島民友新聞社の主催、県パークゴルフ協会連合会、相馬市パークゴルフ協会、NPO法人相馬光陽パークゴルフの共催。相双地方や福島市をはじめ県内各地から昨年を大幅に超える212人が出場した。

 大会は45ホールストロークプレーで行われ、県内トップクラスの選手たちが優勝を目指してしのぎを削った。表彰式では上位入賞者に表彰状や記念品が贈られた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる