福島ホープス、6試合ぶり勝利 武蔵に5-3、岡下が連続弾

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島ホープスは2日、ビジターのフラワースタジアムで武蔵ヒートベアーズ(埼玉)と対戦、5―3で引き分けを挟んで6試合ぶりに勝利を飾った。通算成績は14勝12敗5分けで東地区5チーム中2位。

 福島は1―2で迎えた6回、岡下の2打席連続となる本塁打で同点とし、試合を振り出しに戻した。8回無死二、三塁から暴投と川上の犠飛で2点を奪い勝ち越すと、9回には西井の本塁打でダメ押しした。先発高橋元は6回を投げて2失点の好投。モーラ、ウルタド、加藤の3投手が1回ずつを投げ、継投で逃げ切った。

 福島は3日、ホームの白河グリーンスタジアムで栃木ゴールデンブレーブスと対戦する。午後1時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場