フリーブレイズ開幕連勝 アイスホッケー・アジアリーグ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【フリーブレイズ―日本製紙】堅い守りで0点に抑えたGK伊藤(右)ら=テクノルアイスパーク八戸

 日本、韓国、ロシアの計8チームで争うアイスホッケーのアジアリーグは3日、各地で4試合が行われた。東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)は八戸市のテクノルアイスパーク八戸で日本製紙クレインズと対戦、3―0で開幕2連勝を飾った。

 第1ピリオド、主将のFW田中豪の先制ゴールで主導権を握ると、続く第2ピリオドでDFスティーブンソン、第3ピリオドではDF佐藤が効果的に得点を決めた。守備陣は、GK伊藤を中心とした堅い守りで0点に抑えた。

 次戦は9日、郡山市の磐梯熱海アイスアリーナで、王子イーグルスと対戦する。午後5時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る