福島ホープス8点快勝 先発・間曽が力投、今季11勝目

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 (3日・白河グリーンスタジアムほか=5試合) 福島ホープスはホームで栃木ゴールデンブレーブス(栃木県)と対戦、8―1で快勝した。通算15勝12敗5分けで、順位は東地区5チーム中2位。

 福島は初回、先制を許すもボウカーの本塁打で同点とし、西井の右前適時打で逆転に成功。その後も攻撃の手を緩めることなく2回にラベンダー、5回に岡下、7回には再びボウカーが本塁打を放つなどして相手を圧倒した。

 6回から岩村監督が代打で登場、中前打などで追加点を演出。先発間曽は8回1失点の力投で今季11勝目を挙げた。

 福島は次戦の5日、ホームの福島ホープス西会津球場(西会津町)で群馬ダイヤモンドペガサス(群馬県)と対戦する。午後1時試合開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院が福島県勢初『秋春連覇』 春季東北大会、6年ぶりV