福島ユナイテッド、敵地で惜敗 相模原に1-2

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―相模原】今季初ゴールを決めたMFヘナン=ギオンスタジアム

 (3日・ギオンスタジアムほか=4試合) 福島ユナイテッドFCはアウェーでSC相模原に1―2で敗れた。通算成績は6勝11敗3分けで順位は12位のまま。

 福島は0―0の後半31分にCKから先制を許した。福島はDF鴨志田とFW樋口に替え、MFヘナン、MF三橋を投入。すると直後の同33分、ヘナンがFW小牟田のクロスに右足で合わせて同点に追い付いた。

 逆転を狙う福島は、立て続けにゴールに迫ったが相手GKのファインセーブに阻まれた。終了間際の同45分に隙を突かれ勝ち越しゴールを奪われた。福島は相模原を上回る16本のシュートを放ったがゴールが遠かった。

 相模原の呉大陸(JFAアカデミー福島出身)は後半に途中出場した。

 次戦は9日、アウェーでギラヴァンツ北九州と対戦する。午後6時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる