福島ホープス12得点で快勝、岸本が満塁本塁打

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 (5日・西会津球場ほか=2試合)

 福島ホープスはホームで群馬ダイヤモンドペガサスと対戦し、12―5で快勝した。通算成績は16勝12敗5分で東地区2位。

 福島は初回、高橋祥の犠飛で1点を先制。四回表に2―2と追いつかれたが、その裏に岸本の満塁本塁打などで5点を追加し、引き離した。

 五回は岸本の2死一、二塁からの三塁打などで3点、六回には高橋恒の左中間への本塁打で2点を加えるなど福島打線が爆発、群馬を引き離した。

 福島は次戦の6日もホームの西会津球場で富山GRNサンダーバーズと対戦する。午後1時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る