フリーブレイズ、期待に応える試合に 9、10日・郡山公式戦

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
郡山市での公式戦に向け、意気込みを語った(左から)若林監督、樫野、田中、篠原の3選手とブレイジー

 アイスホッケーのアジアリーグ、東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)の今季初となる郡山市での公式戦が9、10の両日、同市の磐梯熱海アイスアリーナで行われる。選手らが7日、福島民友新聞社郡山総支社を訪れ、試合への意気込みを語った。

 フリーブレイズは開幕から2連勝し、現在1位。同市での試合は今季2試合のみで、王子イーグルスを迎える。若林クリス監督は「数少ないホーム戦で、貴重なゲーム。皆さんの期待に応える試合にしたい」、田中豪主将は「郡山は大事な場所で選手も楽しみにしている。しっかり準備して臨みたい」と語った。

 FWの篠原亨太と樫野善一、チームのマスコットキャラクター、ブレイジーが同行した。

 前売りチケットは全席自由で、一般1500円、小・中学・高校生1000円。スーパースポーツゼビオの会津若松町北店と郡山西ノ内店、メガステージ須賀川店、ゼビオスポーツエクスプレスアティ郡山店のほか、磐梯熱海アイスアリーナ、郡山ユラックス熱海、清稜山倶楽部で扱っている。試合は9日が午後5時、10日が同3時30分開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る