福島ファイヤーボンズ「B1昇格へ」 開幕控え知事に抱負

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
内堀知事(中央)に2017―18シーズンの開幕に向けた決意を語った菅野選手(右から2人目)ら

 プロバスケットボール男子、Bリーグ2部(B2)の福島ファイヤーボンズの選手、スタッフは13日、県庁を表敬訪問し、内堀雅雄知事に2017―18シーズンの開幕に向けた抱負を語った。

 同チームを運営する福島スポーツエンタテインメントの宮田英治社長、森山知広ヘッドコーチ、菅野翔太副主将(福島工高卒)、新加入のディオン・ジョーンズ副主将が訪問した。

 内堀知事は「地域貢献活動に感謝している。トップリーグ昇格に向けて頑張ってほしい」などと激励。森山ヘッドコーチは「チームとして力の発揮できる陣容が整った」と手応えを明かした。菅野副主将は「福島の子どもたちの前でB1に昇格する姿を見せたい」と決意を述べた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

終盤まさか...聖光学院初戦敗退 花巻東に10-12、連覇ならず