福島ホープス、東地区CS「1勝」 BCリーグ、群馬に7-1

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
5回表、左翼ポール直撃の2点本塁打を放った高橋祥=前橋市民球場

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの東地区チャンピオンシップ(CS、3戦制)は16日、前橋市民球場で開幕した。通期勝率2位で東地区CSに進出した福島ホープスは前後期優勝の群馬ダイヤモンドペガサス(群馬)と対戦、7―1で勝利し、地区CS1勝を挙げた。福島が東地区CSを突破するためには3連勝が必要。残る群馬との2戦を連勝すれば、BCLチャンピオンシップに出場できる。次戦は17日に前橋市民球場で行われる。午後1時開始予定。

 4番・高橋、勝利導く『一発』

 前後期優勝の東地区王者群馬を相手に、1敗もできない地区チャンピオンシップ(CS)の舞台。主砲の大きな一発がチームを勝利に導いた。

 好投を続けていた先発間曽が本塁打を浴び、同点に追い付かれた直後の5回表。2死から四球で出たボウカーを一塁に置き、高めインコースを振り切った4番高橋祥の打球はぐんぐんと伸び、左翼ポールを直撃。「コンパクトに打とうと思った」と高橋祥。群馬の追い上げムードを一振りで振り払った。

 エースを先発に起用、必勝で臨んだこの初戦は絶対に負けられない戦いだった。「自分たちは失うものはない立場。最後まで攻めの気持ちで試合に臨むだけ」(高橋祥)。中盤のリードを得た間曽は攻めの投球で8回まで相手打線を1点に抑え、打線も終盤の集中打で群馬を引き離した。通算勝率2位で東地区CS進出を果たした福島。BCLチャンピオンシップ進出の条件は群馬からの3連勝のみ。福島がまずは貴重な1勝を挙げた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手