福島ホープス終戦 3年連続地区CSで涙

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―群馬】敗戦が決まって落胆する福島の選手ら。手前は最終打者となった岸本=前橋市民球場

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの東地区チャンピオンシップ(CS、3戦制)は18日、前橋市民球場で第2戦が行われ、福島ホープスは0―1で前後期優勝の群馬ダイヤモンドペガサス(群馬)に敗れ、3年連続の地区CS敗退となった。

 通算勝率2位で東地区CSに進んだ福島のBCLチャンピオンシップ出場の条件は群馬への3連勝だったため、1勝を挙げていたものの、この敗戦で福島の今シーズンの戦いは終了した。

 中盤の好機を生かせず、初回の1失点を挽回できなかった福島が完封負けを喫した。

 福島は、初回に1点を失うと中盤は何度も得点圏に走者を進めてチャンスをつくったが、打線にあと一本が出ず得点を奪えなかった。

 先発高橋元は二回以降立ち直り、七回からは中2日で登板のエース間曽らが継投し、追加点は許さなかった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る