福島ファイヤーボンズ、開幕へ意気込み 「スピード感を見て」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
合同記者会見で記念撮影する福島の村上(右端)らB2東北地区の選手

 プロバスケットボール男子Bリーグの開幕を前に、2部(B2)東地区に所属する福島ファイヤーボンズなど6チームは19日、仙台市で記者会見に臨んだ。福島の主将村上慎也は「スピード感あふれるバスケを見てほしい」と力強く語った。

 6チームの代表選手が、今季の意気込みなどを語った。最後に選手たちは各県の自慢話を披露し、村上は「桃のかぶり物を付けたブースター(ファン)もいるぐらい、福島は桃が有名でおいしい」などと語り、本県をPRした。

 B2は30日に開幕する。福島は10月2、3の両日に開幕節を迎え、アウェーで西地区の広島ドラゴンフライズに挑む。ホーム開幕節は同7、8日で、郡山市の郡山総合体育館で西地区の香川ファイブアローズと対戦する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る