福島県内16チーム熱戦 読売・民友杯U―10サッカー開幕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【バンディッツいわき―中央ドリマJSC】ゴール前で競り合う選手=相馬光陽サッカー場

 第1回読売・民友杯県U―10サッカー大会は23日、相馬市の相馬光陽サッカー場で開幕した。初日は開会式と予選リーグ戦24試合を行った。

 県サッカー協会の主催、読売新聞東京本社、福島民友新聞社、県東部読売会、県西部読売会の共催、県サッカー協会4種委員会、相双サッカー協会4種委員会の主管。

 県内各地区大会を勝ち抜いた16チームが出場。大会最終日の24日は、同サッカー場でリーグ戦の順位ごとに順位決定のトーナメントを行う。

 大会は8人制で、小学校低学年の主要大会開催による県内サッカーレベルの向上を目的に設立された。

 来年度は本県で東北大会が開催される予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる