勿来が初代王者 読売・民友杯福島県U―10サッカー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
初代王者に輝いた勿来フォーウインズ

 第1回読売・民友杯県U―10サッカー大会最終日は24日、相馬市の相馬光陽サッカー場で順位決定のトーナメントが行われ、勿来フォーウインズ(いわき)が決勝でバンディッツいわき(同)を1―0で下し初代王者に輝いた。

 勿来フォーウインズは前半11分、川上龍輝(泉北小4年)が相手ゴール前で冷静に右足を振り抜き先制。後半は相手の得点を許さず、そのまま逃げ切った。バンディッツいわきは決定機をつくったが、ゴールを奪うことができなかった。

 県サッカー協会の主催、読売新聞東京本社、福島民友新聞社、県東部読売会、県西部読売会の共催、県サッカー協会4種委員会、相双サッカー協会4種委員会の主管。大会は8人制で、最終日は初日のリーグ戦1、2位による決勝トーナメントと3、4位によるレベルアップトーナメントを行った。来年度は本県で東北大会が開催される予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ監督が『トークバトル』 最重要ポイントは「5区」