初出場の信夫ドリームが第2代表 クラブサッカー東北大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
東北大会初出場で全国大会出場を決めたバイオレッツ信夫ドリームの選手ら

 サッカーの第24回全国クラブチーム選手権大会東北大会最終日は24日、秋田市の同市八橋運動公園で準決勝、代表決定が行われた。

 準決勝、第2代表決定戦を制して全国大会出場を決めた東北大会初出場のバイオレッツ信夫ドリーム。「支えてくれた多くの人に感謝したい」。主将のMF慶徳卓哉は涙を浮かべて喜んだ。

 3勝すれば全国大会。1回戦、準決勝と勝ちを重ね挑んだ第2代表決定戦。前半早々に2点リードを許したが食らい付き、後半32分には3―3の同点に。ロスタイムにMF千葉智貴がゴールを決め勝ち越したが、すぐさま反撃に遭い、勝負は延長戦に。延長後半、DF籏野康平のゴールが勝負を決めた。

 「厳しい試合だったが、最後まで諦めず走り続けた」と千葉。「福島・東北代表として全国でも胸を張って戦っていきたい」と意気込んだ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る