2次組み合わせ決まる 全国高校サッカー福島県大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第96回全国高校サッカー選手権県大会2次大会の組み合わせ抽選会が25日、郡山市で開かれ、10月14日に福島市の十六沼公園サッカー場などで始まる3回戦からの組み合わせが決まった。県サッカー協会、県高体連、福島中央テレビの主催。

 2次大会には全国高校総体(インターハイ)県大会の上位8校のほか、高円宮杯U―18サッカーリーグ2017県リーグ1部の5校、1次大会を勝ち上がった15校の計28校が出場する。

 抽選会には、各校の監督や主将らが出席。小池征県サッカー協会長らのあいさつに続き、各校の主将がくじを引いた。

 大会は初日に3回戦12試合が行われ、10月15日の4回戦からシード校の尚志、福島東、帝京安積、相馬が登場する。決勝は11月4日、郡山市の西部サッカー場で実施される。午後0時10分開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る