「えひめ国体」30日開幕 福島県旗手になぎなた女子・滝沢

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「競技得点500点、20位台を目標にしたい」と意気込む佐藤総監督

 第72回国民体育大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」本大会は30日、松山市の愛媛県総合運動公園陸上競技場(ニンジニアスタジアム)で総合開会式を行い、10月10日まで11日間の大会が開幕する。

 大会をスローガンは「君は風 いしづちを駆け 瀬戸に舞え」。本県選手団は須佐喜夫県体協会長を団長に、本部役員や監督、選手ら計481人を派遣、35競技に出場する。なぎなた少年女子の滝沢李穂(会津学鳳高2年)が旗手を務める。

 前回大会は男女総合(天皇杯)35位、女子総合(皇后杯)31位。上位進出に向けて県勢のさらなる躍進が期待される。

 佐藤総監督に聞く「目標は総合20位台」

 開幕を前に、佐藤弘樹総監督(県スポーツ課長)に大会の目標や意気込みなどを聞いた。

 ―今大会の目標を。
 「昨年達成できなかった競技得点は500点以上、総合順位は20位台を目指したい」

 ―注目選手や団体は。
 「お家芸の陸上、自転車、ウエイトリフティングで上位成績を目指す。陸上は紫村仁美ら東邦銀行陸上競技部のメンバーが上位を狙う。4連覇が懸かるウエイトリフティング成年男子の吉田真弘(デイサービスいしかわ)や自転車の石井洋輝、角田光(あきら)ら白河実高のメンバーにも注目したい。近年めきめき力をつけているバドミントンは上位を狙える。和歌山国体3位、岩手国体2位と2年続けて表彰台に立つソフトテニス成年女子にはぜひ優勝してほしい」

 ―総監督として抱負を。
 「粘り強く最後まで戦い抜けば結果に結び付くはず。県民に日々いい報告ができるよう一戦一戦を大切に戦いたい」

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ監督が『トークバトル』 最重要ポイントは「5区」